お知らせ

西日本豪雨被害復興拠点「まびくら」で、お餅つきに参加

イベント

2月23日、西日本豪雨被害復興拠点「まびくら」にてお餅つきが行われました。

「まびくら」は「まびに くらしの ぬくもりを回復すること」を目的として倉敷市真備町内に設置された西日本豪雨被害復興拠点です。

岡山キリスト災害支援室(岡キ災)・YMCAせとうち・日本基督教団東中国教区とが連携して炊き出しや清掃活動、こころのケアなどの事業に取り組んでいます。

岡山安全ガス(株)はコンロとLPガスを提供させていただき、社長の松本がボランティアとして参加させていただきました。

このイベントの参加人数は、なんと約250名!

地元の皆さんを中心に参加してくださいました。

みんなで餅をつき、丸め、つきたてのお餅を食べ、楽しく時間を共に過ごさせていただきました。

今後も「まびくら」の活動を応援します!!

また「まびくら」では3月2日(土)15時より「コントラバスターズ」コンサートが開催されます。

くらしき作陽大学の講師と学生たちを中心としたコントラバスのアンサンブルです。

入場は無料です。

くわしくは「まびくら」のFacebookをご覧ください。

https://yasyaginoizumi.wixsite.com/mabikura

 

 

まびくら

 

緊急時対応 ページ
トップへ